1. ホーム
  2. 勃起不全を治す方法
  3. ≫ 軽度の包茎なら切らない包茎手術がおすすめ

軽度の包茎なら切らない包茎手術がおすすめ

手術と聞くと「メスで切る」というイメージがありますが、最近はメスを使わない手術もポピュラーです。

ではどうやって包茎を治すかというと、手術によって包皮が戻らないように処置をするのです。

 

メスを使う通常の包茎手術の多くは、包皮の先を円環状に切り取って亀頭を露出させます。

一方、切らない手術は亀頭の根元に二重まぶたのようなクセを付けてやって、糸で縫合したり人体用の接着剤で固定して包皮が戻らないようにするのです。

 

切らない手術のメリットは、処置が簡単なため費用が安価なことです。

またデリケートな部分の手術という事で、メスを入れることに抵抗があるという人も多く、切らない包茎手術は人気の手術方法です。

 

メスを使わないので傷痕が残る心配もありません。

包皮を固定する時の縫糸は、クリニックによっては溶ける糸を使用し抜糸の必要が無い場合もあります。

 

また接着剤を使用する場合も、人体に害のない安全な物が使われるので心配はありません。

手術は局所麻酔を施して行なわれるので、痛みはそれほどありません。

 

ただこの手術方法は、包皮がまったく剥けない重度の包茎の人には適用できません。

包皮を剥くことが出来る仮性包茎と呼ばれる人向けの手術になります。

 

また、包皮が余って被さっている包茎の人にも向いていません。

その場合は、包皮を切り取る手術が必要になるからです。

 

ご自分がどのタイプになるのか、またどんな手術方法が望ましいかクリニックで相談してみましょう。