1. ホーム
  2. 勃起不全を治す方法
  3. ≫ 包茎を治す塗り薬ってあるの?

包茎を治す塗り薬ってあるの?

包茎には真性包茎と仮性包茎の2種類あることが知られています。真性包茎は勃起しても包皮が被っている状態を指して、仮性包茎は普段は包皮が被っていますが、勃起すると包皮がめくれる状態を指しています。

 

しかし仮性包茎という考え方があるのは日本と韓国くらいで、ほとんどの国では仮性包茎でも気にしませんし手術もしません。日本と韓国では仮性包茎でも以上に気にするようで、大学生になると手術を受けるようになる人がたくさんいるようです。

 

この包茎の手術は主に美容整形外科で行われていますが、安いクリニックだと7~8万円で手術を受けられますが、高いクリニックだと15万円くらいになります。また安いクリニックだと、仕上がりが悪いとトラブルになることもあり最近問題になっています。

 

また最近は手術以外の方法で包茎を治す方法もあります。塗り薬を塗って包茎を治すという方法です。包茎を気にしだす年齢は中学生ころだとだといわれていますが、こういう人はまず泌尿器科を受診してこうした治療を受けます。

 

これで多くの人が包茎が治るといわれていますので、手術を受ける必要がある人はあまり多くいません。ですので仮性包茎でも悩んでいる人は美容整形外科を受診するのではなく、まずは泌尿器科などを受診して診察を受けるのがおススメです。
日本人の70%は仮性包茎だといわれていますので、あまり気にする必要はありませんが、どうしても気になるという人は泌尿器科を受診することをおススメします。