1. ホーム
  2. 勃起不全を治す方法
  3. ≫ EDで悩んでいる人は治療薬を服用しよう

EDで悩んでいる人は治療薬を服用しよう

最近ED(勃起不全)で悩んでいる男性が多いといわれていますが、EDは30代後半から40代前半になるころから、悩む人が出てくるといわれています。EDの原因はいろいろですが、ストレスや体力の衰えなどが多いといわれていて、30代後半から40代になると仕事のストレスなどで悩む人が増えてくるということだと思います。

 

しかしEDは薬で治療することが可能ですので、悩まず泌尿器科などを受診するのがオススメです。ED治療薬で最も有名なのはバイアグラでこれは誰もが知っている薬ですが、最近はレビトラやシリアスといった新しい薬も登場してきています。

 

こうしたED治療薬は性交渉をする約40分くらい前に服用します。そして性的に興奮したときに普通の人と同じように勃起してくれるというのが特徴です。またこの効果はバイアグラでは4~5時間くらい持続するといわれていますが、これはあまり長くなくこの点がネックでした。

 

この点、レビトラやシアリスは持続時間が長いのが特徴です。2つとも24時間くらいは持続しますので、薬が切れてしまう心配がないのが特徴で、最近この2つの方がバイアグラよりも人気です。

 

しかしこうしたED治療薬には健康保険が適用されませんので、比較的高価なのがネックです。また心臓病などを患っている人は服用できません。心臓病の人が服用すると血圧が急低下して最悪死亡してしまう可能性もありますので、必ず医師の診察を受けてから服用する必要があります。